目的別貯金のススメ

貯金をするときは「目的」ごとに貯金をするというのもお勧めです。自動車購入、マイホーム頭金、子供の入学資金、結婚資金、旅行資金といったように大きい目的から小さい目的まで分けて貯金をするようにすると貯金のモチベーションも上がりますし、計画も立てやすいです。


スポンサーリンク

小さな目的、大きな目的ごとに貯金を管理しよう

貯金には色々な目的があるはずです。
海外旅行に行きたい、自動車やバイクを買いたい、大型家電が買いたいといった欲しいものを買うためのもの。一方で、結婚資金を貯める、子供の大学入学に備えた教育資金を貯める、老後のための資金を貯めるといったあなたのライフプランのために必要なお金といったものもありますね。

 

こうした小さな目的、大きな目的など様々かと思いますが、特に小さめの目的貯金に関しては、目的別に貯金を管理することをお勧めします。

 

貯金専用の銀行口座を作ろう」でも書きましたが、目的別に貯金専用銀行口座を作ってもいいかと思いますし「貯金をもっと効率的にできる「ほしいもの貯金箱」」などでも紹介されていますが、ソニー銀行のように一つの口座の中で複数の目的別に口座を管理できるサービスも活用できますよね。

 

もちろん、銀行口座を使わなくても、少額の貯金なら「貯金箱」などを使って貯めるのもいいですよね。

 

 

一方の大きな金額、遠い将来に必要になる目的に関しては「目的別」と分けるよりも総額を管理し続ける方法の方が良いかと思います。そうした資金に関しては「ライフプラン」をしっかりと立てて、○歳までにいくら必要なのか?ということをプランニングした上で貯金計画を立てるようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク