今すぐ始める貯金金利の高いネット銀行を活用して貯金>バカにできない銀行に支払う「手数料」

バカにできない銀行に支払う「手数料」

預金金利なんてほとんどゼロに近い現状で、銀行選びで気にするべきものの一つが「手数料」です。時間外手数料やコンビニ手数料などはもちろん、振込手数料などの無駄をなくすことは重要です。


スポンサーリンク

無駄な手数料は払わないようにしましょう。

銀行のATM手数料はだいたい100円~300円程度。
振込手数料なら100円~700円くらいが1度にかかります。こうした手数料1回1回は少額でも数が増えると痛い出費になります。

 

たとえば、月に1回だけ100円の手数料を掛けてATMを使ったとします。年1200円です。
銀行の預金金利は定期でも0.1%くらい。この1200円を銀行の預金金利で吸収しようと思ったら、120万円の預金が必要ということになります。

せっかくお金を預金(貯金)しているのに、手数料負けするような状況は非常にもったいないですよね。

 

というよりも、こうしたATM手数料や振込手数料などは今となっては「無駄」な費用です。
なぜならばこれらを「無料にする手段がたくさん存在する」からです。

 

ATM手数料を無料にする方法

ATM手数料が無料の銀行もたくさんあります。
特に、ネットバンク(ネット銀行)の場合、自社のATMを持たないため、コンビニATMを無料化して利用者への便宜を図っています。24時間使えるコンビニATMは本当に便利ですよね。

 

普通の銀行にお金を預けていて、夜間などに「あっ、お金が足りない」と言う時に無駄な時間外手数料を払う羽目になった。という経験をお持ちの方も多いかもしれませんが、一つでもコンビニATMが24時間無料の銀行を持っておけば、そんな時も無駄な手数料を支払う必要はありません。

 

・ソニー銀行
セブン銀行が無料、イーネット、ローソンATM、@バンク(九州除く)が回数制限付き無料

 

・住信SBIネット銀行
セブン銀行が無料。ローソンATM、イーネットATMは回数制限ありですが無料。

 

(参考元:コンビニATM・ATM手数料でネットバンク比較

 

 

振込手数料を無料にする方法

銀行の振込手数料についても無料にすることができます。
一部の銀行(ネット銀行)ではオンラインバンキングでの振込手数料を一定回数無料にしてくれます。

 

ネットショッピングやネットオークションなどの決済のとき、家族への仕送り、家賃などの支払い(送金)など、銀行振込を使う機会もそれなりにあるはずです。また、普段はあまり振込をしないという方でも、振込手数料が無料の銀行に一つ口座を持っていればそうしたコストをゼロにできます。

 

・住信SBIネット銀行
月間3回までの振込手数料を無料化しています。

 

・新生銀行
月1回~10回までの振込手数料が無料です。

 

(参考:2014年版 振込手数料が無料の銀行のまとめ

 

 

手数料面を考えた時、お勧めは住信SBIネット銀行

銀行に払う手数料を考えた時、抑えておきたい銀行は「住信SBIネット銀行」だと思います。
上記でも書いたとおり、コンビニATM手数料が無料、振込手数料も月3回まで無料といったように、「万が一」の時にでも無駄な手数料を支払うこと無く利用することができます。

 

ネット銀行ってやっぱり不安だし、普段使いはしない。という方でも、この銀行に口座を持っておけば、時間外にお金が必要になった時、急にお金を誰かに振り込まなくてはならなくなったと金などに便利ですよ。そうした時の「保険」としても抑えておきたい銀行です。

 

 

 

スポンサーリンク