今すぐ始める貯金お金と貯金の基礎知識貯金に関するみんなの誤解>自分への投資、それって本当に投資?

自分への投資、それって本当に投資?

自分への将来の投資は必要です。若いうちから貯金ばっかりするよりも、自分に投資をして年収をアップさせる方がよっぽどいい!という話もあります。でもその自分への投資って本当に投資になっていますか?


スポンサーリンク

自分への投資が本当に投資になっているのか?今必要か?

自分への投資ということ自体は必要です。
でも、その投資は本当に投資になっているのかを考える必要があります。

 

本当に自分のためになって将来の収入アップにつながるのであれば積極的にするべきです。
若い時から自脈作りと言って異業種交流会やその飲み会などに参加した。結果的に携帯電話の登録件数は増えた。とりあえず資格をとってみた。ビジネス本を買ってみた。自己啓発のセミナーに参加した。

 

自分への投資と思っていたこと、実際はタダの浪費に過ぎないかもしれません。
それが本当に将来の収入アップにつながるのか?しっかりと吟味する必要があります。

 

「自分への投資(自己投資)」という錦の御旗を掲げて趣味の延長のような浪費を正当化している。そんなことはないでしょうか?

 

資金配分のバランスも重要です。自己投資に使うのは多くても手取りの1割くらいにとどめるのが正解だと思います。

 

 

スポンサーリンク